no-image

東京渋谷 Unity 勉強会②(1/28)の資料を公開します。

東京渋谷 Unity 勉強会②(1/28)を行いました。

3Dコンテンツを作成するための開発環境、Unityの勉強会を行います。
初級編②ということで、簡単なスクリプトを学習します。
詳細:ATND

そのときのスライドおよび資料を公開します。

今後も勉強会を開催する予定です。
twitterのハッシュタグ #gooyaHub で告知していきますので
よかったら参加してみてください!

サンプルソース:
http://tonosamart.com/e-semi/sample_09_20120130.zip
http://tonosamart.com/e-semi/sample_10_20120130.zip
http://tonosamart.com/e-semi/sample_11_20120130.zip

初心者向けの資料になりますが、よかったら試してみてください!

追記

transform.position.x += (2 * Time.deltaTime);
と、
rigidbody.MovePosition(rigidbody.position + Vector3(2, 0, 0) * Time.deltaTime);
の違い

transformは単純に位置を変更します。
MovePositionはRigidbodyに位置の変更を伝えます。

transformが物理シミュレーションを無視して、位置を変更しているのに対し、
MovePositionは物理シミュレーションに位置の変更を指示しています。

動かしたい物体の上に他の物体(rigidbody)が重なっていた場合、
transformだと上のものがすり落ちるのにたいし、
MovePositionだと、くっついて移動します。