no-image

iPhoneアプリを譲渡できる Transfer App をやってみた。

iPhoneアプリを他の人に譲渡できるようになった!
とのことで試してみたのでメモ。

まずは、譲渡元のアカウントでiTunes Connectにログイン
譲渡したいアプリを選ぶと右上に Transfer App というボタンが増えてるので押す。
01
※ボタンがでない場合は、 Recipient’s Team Agent のアカウントでログインする必要がある

チェックボックスの画面になる。ここが全部緑にならないと次に進めない。
02
※譲渡には条件があり、自分の場合は、全ての規約にOKしてなくて先に進めなかった。
(しかも、WWDC直後だったのでバグって押せなかった・・・)
iTunes Connectにログイン直後のメッセージに従って、規約を確認したら緑になりました。

譲渡先の情報を入れる画面になるので入力する。
iTunes Connect_itunesconnect.apple.com-WebObjects-iTunesConnect.woa-wo-35.0.0.7.3.0.9.3.3.1.0.21.2.0.1.3.1_20130618120350
※Team ID はメンバーセンターの Your Account の Developer Account Summary に書いてある

規約を読んでチェックを入れたらおしまい!
03

これで譲渡元の手続きは終わり! Status が見たことないやつになってる!
04

次は、譲渡先のアカウントでiTunes Connectにログイン
Contracts, Tax, and Bankingの下の方に譲渡されるアプリがでてくる!!!
05

あとは、Support URL、Marketing URL、App Review Information を入力すれば、完了!
06
※譲渡元のアカウントでも、規約にOKしておく必要あり。
※なぜか Marketing URL が必須になっている(追記:他のアプリでやったら入力欄がでなかったので譲渡元に記載があったら必須なのかも)
※SKUとかとかは入力できなかった。まあそうか。

こんな感じで譲渡成功!ちなみに、アプリ内課金がないアプリを譲渡してみました!
アプリ内課金があるやつだと、また違うのかもしれません。

アプリの譲渡が可能になったことにより、ベンチャーや個人事業主のつくった
アプリが買収されたり、色々素敵な予感がします!